結露」タグアーカイブ

【木が腐る】お部屋の湿度気にしないと大変なことになりますよ

「外壁から茶色いシミが浮いてる!」
「木製窓の枠が腐ってる!」
「壁紙に薄いシミができてる!」

 

さて、これらの問題に関係する原因は何でしょうか。
建築知識がない場合、雨漏りとお答えするかと思います。

 

しかし、実は雨漏りだけがこういった問題を引き起こすのではないのです。
むしろ、「結露」が問題になるケースが意外と多いです。
今回は高気密高断熱のお家にお住まいの方、特に必見。
実はあなたのお家も木材が腐っているかもしれません。
そうはならないように今回対策をお伝えします!

 

高気密高断熱と言えば、「お家の暖かい空気が逃げない」とか「真夏の暑い日差しも問題なし」みたいなイメージをお持ちですよね。
勿論そうで、高気密高断熱のお家は実際かなり住みやすい空間です。

 

しかし、実はかなり「結露」が発生しやすい環境です。
高気密ということは空気の出入りを遮断することです。つまり、ずーっと空気が家の中を滞留しているんです。
夏場では、湿った空気が壁の中に溜まり、エアコンの風などに冷やされて結露が生じます。
冬場では、加湿器などで生じた湿った空気が壁の中に溜まり、外気が冷やして結露が生じます。
つまり、夏場でも冬場でも高気密のお家では結露が生じやすいのです。

 

その結露が壁の中で継続的に起こるとどうなるでしょうか。
酷いお家ではこんな感じになってしまいます。

湿った木材が大好きなシロアリ達が木材を食べ、どんどん木材をスカスカにしてしまいます。
結果、お家の構造が弱くなり、最悪の場合では倒壊する恐れもあります。

 

なので、高気密のお家では結露が発生しないように注意する必要があるのです。

 

では結露が発生しないようにするにはどうしたらよいでしょうか。
一番は換気です。
新鮮な空気を取り込むことで空気の滞留を防ぎ、結露が発生しづらくなります。
また、空気の出入りを増やすことで木材が乾きやすくなります。

 

二番は除湿です。
じめじめした空気の湿度を下げることで、乾いた空気が滞留するようになり結露が起きづらくなります。

 

三番は温度差を伝えさせないです。
エアコンの冷たい風が壁に直接当たっていると、壁の中にいる湿った空気が冷やされて結露が起きてしまいます。
冷たい風はなるべく壁に当たらないようにしましょう。

 

以上3つの対策をして、結露による木材腐敗を防ぎましょう。
もし、木材腐敗の症状が気になる場合はお問合せください。
無料で簡単な現場調査に伺います。
https://www.sekainoie.com/inquiry/

【コロナ禍】あなたの家の換気システム壊れてないですか?【24時間換気】

ワールドデザインズハウスです、今回は換気システムの交換についてご説明します。

突然ですが、お家の換気システムが壊れたまましばらく放置していませんか?

実はその状態かなりまずいんです。

この画像をご覧ください。

 

天井に近い壁に、大きく汚れた跡や小さく丸い汚れが多く目立ちます。

大きく汚れた跡は、主に排気ガスや砂ぼこり等が外から入ってついたものでしょう。

小さい丸い汚れは、壁内のビス(もしくは釘)上で結露が起きてカビが発生したと推測されます。

 

この2点の汚れは正しく換気を行えていれば生じないものです。

なぜなら、換気をしていれば排気ガス等は除去できますし家中の湿気は排出されるので結露は発生しづらいためです。

この問題は、輸入住宅などの高気密高断熱のお家で顕著に発生します。

 

長期間換気をしていないと、排気ガスやカビなどの汚れが蔓延した家になってしまいます。

さらに、コロナ禍のため換気が特に重要視されている現在においては、

換気システムが壊れたお家はかなりまずいことがお分かりだと思います。

 

では、ご自身の換気システムを見直してみましょう。

基本的に、一般住宅は第3種換気システム(設備が排気を行い、吸気は自然に行う方法)が採用されています。

居室に真四角の吸気口があるお家はまさに第3種換気システムです。

 

その場合、換気システムとして排気設備が設置されているはずです。

場所としてはユニットバスの上や屋根裏が一般的でしょう。

換気システムが動いていることは知っていたが、長い間放置していたという方は要注意です。

基本的に年に1回はフィルター掃除をした方が良いものなので、恐らく中でホコリやゴミが相当溜まっており上手く換気できていない可能性があります。

取扱説明書に従って掃除をすることをおススメしますが、掃除方法が分からなかったり自分で掃除したくない方はご相談下さい。
https://www.sekainoie.com/inquiry/

 

さらに、換気システムが壊れて動いていないというお家は更にまずいです。

すぐに換気システムの交換をしましょう。

特にこだわりがなければ一番コスパの良い「ルフロ400」をおススメします。

https://www.njkk.co.jp/product/tabid75.html?pdid=sk_kf_10

 

かなり大きな家でもこの1台で換気は十分です。

そして、何せ掃除が簡単で、取付状態にもよりますが、

フィルターの蓋を開けてゴミを取り除くだけで掃除完了です。

これを年に1回やれば良いので、メンテナンスに業者を呼ぶ必要もありません。

ルフロ導入費用も、施工が難しい状態でなければ、恐らく20万円程度(当社価格)でできてしまいます。

 

さて、今回は換気システムについてご説明しました。

コロナ禍だけと言わず、換気をしないと家中が淀み身体に悪いです。

空気の流れは目に見えませんが、いずれ家中の見た目が悪くなっていきます。

換気システムを放置されていた方は是非この機会に見直してみましょう。

【プロが解説】部屋の壁のシミ対策と修繕事例

部屋内に変なシミが出てる・・・。もしかして水漏れ!?」と不安に思う方多いのではないでしょうか。
一般に壁床のシミの原因は水が関係していることが多いです。
しかし、その水がどこから発生するかは様々なパターンが考えられ、それに応じて対策・対応も異なってきます。

そこで今回の記事では、当社が対応した様々なシミ事例とその対策・対応についてご紹介します
壁のシミにお悩みの方はご参考にして下さい。

シミ事例1 雨漏りによる壁シミ

こちらのお宅では1階のお部屋の木材にシミ、床にアオカビが発生していました。
内部の状態を確認した所、合板や隅柱まで腐敗が進んでいました。
そのため腐敗部分を解体し、クロスからサイディングまで全てを新調することになりました。

原因は2階ベランダ排水口部分の「施工不良による雨水の浸入」です。
水回りの施工不良を長い間放置すると家の構造上重要な箇所まで腐敗させてしまう場合があります。
「施工不良なのに余計な出費したくない!」と怒る気持ちもお察ししますが、
被害を最小限に抑えるため直ぐにリフォーム会社に問い合わせすることをおススメします。

 

シミ事例2 湿気によるビス跡の発生

こちらのお宅ではビス跡が浮き出ていたためクロス貼替をさせて頂きました。

ここまでシミが浮き出てしまった要因は「換気の不十分」だと考えられます。
日本の夏は特に湿気が多いため換気が不十分だと部屋内に湿気が滞留してしまいます。
そして湿気は壁内へと吸い込まれ跡が浮き出るほどビスを錆びさせてしまいます。
今回の事例のように、日本の家屋では換気をしっかり行うことが大切になります。

 

シミ事例3 壁内結露によるカビの発生

こちらのお宅では石膏ボード裏に大量のカビが発生しクロスに染み出ていました。
ここまで酷い状態ですとクロス交換だけでは対応できないので、石膏ボードや間柱の交換・防カビ材の塗布が必須になります。

こちらのお客様はお家のメンテナンスをしっかり行っている方でしたので思いもよらない大量のカビにかなり驚かれていました。
大量のカビ発生の原因は「壁内結露」だと考えられます。
輸入住宅の多くは「高気密・高断熱」の性能があるため家の外と中で温度差が発生しやすくなります。
つまり、壁内では特に夏冬で温度差が生じています。
暖かい空気と冷たい空気が混じり合うと結露が起こり、壁内はじんわりと水分が生じることになります。
そこでカビ菌が少しでも壁内に存在していたために水分や石膏ボードなどの餌に喜び大量繁殖したと考えられます。

 

対策としては「エアコンの風向き調整」と「除湿機の設置」が重要だと考えられます。
壁内に温度差を生じさせないようエアコンの風向きは壁と反対側に向けるようにし、
カビ発生要因である湿度60-70%を下回るように夏では除湿器の設置をおススメします。

 

当社が対応したシミ事例の一部をご紹介いたしました。
シミの原因の多くは水が関係していますが雨水だけが原因ではありません。
湿気や結露がシミの原因であることは意外とお客様は盲点だったりします。
そのため実は「換気と除湿」がシミ対策にかなり重要なのです。

 

空調設備機器は当社でも取り扱っており、建築的な知見を踏まえてお家に合った空調をご紹介いたします。
全館空調・ルームエアコンや除湿器・空気清浄機なども取り扱い可能ですので、
是非お気軽にお問い合わせください。
http://www.sekainoie.com/inquiry/